銀行カードローンの審査基準ガイド

アコム・プロミス・・・。

 

消費者金融もいいけど、やっぱり銀行カードローンの方が金利も安いしイメージがいいですよね。

 

でも、銀行カードローンは審査が難しいのではないか?とお考えの方も多いのでは?

 

当サイトでは銀行カードローン審査を一発で通す方法や銀行カードローンの審査基準などを解説しています。

 

銀行カードローンの審査基準さえ満たせばすぐにお金を借りることもできるようになりますので、審査に不安があるのでしたら、当サイトおすすめのカードローンを手順にそって申し込みを進めてみることをおすすめします。

 

もし、審査に落ちてしまったのであれば銀行カードローンの審査が通らない理由もご覧になってみてください。

 

 

銀行カードローンの審査を突破するコツ7選

銀行カードローンは誰でも利用できるわけではありません。お金を借りる前には必ず審査が有ります。

 

どうしても、今すぐお金が欲しい・・・。
でも、審査落ちしてしまったら借りることはできなくなってしまいます。

 

まずは確実に審査を通るために必要なことを学んでいきましょう。
申し込み前にチェックをしておきたいポイントは・・・。

 

  1. 安定した収入があること
  2. 借入先が複数ないこと
  3. 返済の延滞などブラックになっていないこと
  4. 20歳未満は借りることができません
  5. 限度額を低く設定する
  6. 複数申し込みはせずに1社に申し込む
  7. 記載情報に嘘を書かずに正確に

 

1.安定した収入があること

安定収入

 

銀行カードローンは総量規制対象外です。消費者金融が年収の3分の1までの金額しか借りることはできないのに対し銀行カードローンはそれ以上の金額を借りることが可能です。

 

ただし、年収100万円しかない人が50万円一気に借りることができるかというとそんな簡単ではありません。このケースだとかなりの確率で返済は不可能になってしまいますので・・・。

 

収入が安定していないのにお金を借りるということは、返済不可能の可能性が高くなりますので、審査に落ちる場合が増えます。年収200万円ぐらいは安定していると審査に通りやすいと言われています。

 

 

2.借入先が複数ないこと

借入 複数

 

銀行カードローンの審査基準は消費者金融に比べると厳し目だと言われています。特に借入先が沢山あると審査に通らないケースが多くなります。

 

色々なところでお金を借りているということは、それだけお金に困っているということ。全ての場所に返済できるかどうかもわかりませんし、信用が無くなってしまいます。

 

逆に初めてカードローンを利用する人は、それなりの安定収入があれば審査は簡単に通ることができるでしょう。

 

 

3.返済の延滞などブラックになっていないこと

ブラックリスト

 

JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターなどの信用情報に返済遅延の情報が乗ってしまっている場合銀行カードローンの審査に通らないかもしれません。返済遅延は半年近く情報が残りますので、計画性のある返済をしていかないと駄目ですね。

 

以前金融事故があり、過払い金の請求など債務整理を行っている場合も信用情報に記載されますので審査に通らない可能性も高くなります。

 

携帯電話の支払い忘れがないか?クレジットカードで支払った料金をしっかりと返済してきているか?そういった部分もとても重要な審査基準です。

 

 

4.20歳未満は借りることができません

20才未満

 

20歳以上66歳未満などの年齢基準が設けられています。今すぐお金が必要だったとしても、10代の方は銀行カードローンは利用できません。フリーターやアルバイトやパートの主婦の方でも安定した収入があって20歳以上ならば選択肢に入れることは可能です。

 

 

5.限度額を低く設定する

限度額

 

できるだけ銀行カードローンの限度額は低めにしておきましょう。いきなり大きな金額を借りようと思っても、最初は信頼もありませんし、限度額が低いほうが有利になります。自分の収入に対して無理のない借り入れを行う必要があります。

 

もしあなたが50万円必要だったとしても、最初は限度額を低めに10万円〜20万円を借りて、しっかりと返済していけば、50万円、100万円と限度額を増額し借りることができる金額を増やしていくことができます。

 

お金に関することは親子間、友人間、金融機関でも信頼が重要です。まずは、簡単に返済できるであろう金額で審査を受けましょう。

 

銀行カードローンでは審査に通ってしまえば『増額審査』を受けることが可能です。後から借りることができる枠は増やすことができますので、まずは確実に審査に通過することが重要です。

 

 

6.複数申し込みはせずに1社に申し込む

複数申込み

 

『もし、審査に落ちたら不安だから・・・。』気持ちはわかりますが、気軽に複数の審査を同時に受けるのは止めましょう。A社に10万円、B社に20万円、C社に30万円と同時にカードローンを利用していたら60万円も借りていることになってしまいます。

 

返済先が増えれば増えるほど、貸す側にリスクが発生します。

 

『そんなのわからないから大丈夫でしょ?』って思うかもしれませんが、信用機関の情報であなたが複数の審査を同時に受けていることは簡単にバレてしまいます。

 

複数の銀行カードローンの審査を受ける場合は1つの審査が落ちた時、もしくは審査に通ってからにしましょう。焦りは禁物です。

 

 

7.記載情報に嘘を書かずに正確に

嘘

 

申し込みの金融情報は正確に入力しましょう。嘘は絶対にいけません。もしあなたが誰かにお金を貸す場合、嘘をつく人に貸したくはありませんよね?記載情報にミスがあった場合、その情報が嘘なのか記入間違いなのかはわかりません。

 

入力間違いが原因で審査に落ちてしまうのはもったいないです。必ず最後に入力ミスが無いかどうか確認してから決定しましょう。

 

特に勤務先の情報は正確に記載をしましょう。安定した会社で働いているということは返済能力があるということです。

 

長期継続できるかわからないパート・アルバイト・契約社員・派遣社員よりも正社員として働いている方が銀行カードローンの審査では有利になるでしょう

 

公務員や有名企業に勤務をしていると評価も高くなります。

 

とはいえ、継続した安定収入があればアルバイトの方でも銀行カードローンの審査に通ることは可能です。年収が低かったとしても勤務期間が長かったり、今までに返済に遅れることが無ければその分有利となります。

 

 

銀行カードローンの審査を通すコツは理解していただけましたでしょうか?
続いては当サイトでおすすめの銀行カードローンのご紹介です。

 

 

おすすめの銀行カードローンはこちら

 

後日記載します。

 

 

銀行カードローンの審査基準!属性と信用情報に注意せよ

 

銀行カードローンの審査基準で重要視されているのは属性と信用情報です。

 

属性というのは、
年齢、職業、勤務先、勤続年数、年収、家族、居住年数、住宅ローンなど

 

  • 年収がいくらぐらいなのか?
  • 持ち家なのか賃貸なのか?
  • 勤続年数はどれ位なのか?

 

などがチェックをされますが、この中でもポイントは年収や、勤続年数です。
返済能力があるのかどうか?が銀行カードローンの審査では求められます。

 

一人暮らしよりも親と同居の方が評価が高かったり、配偶者も共働きの方が有利だったりと銀行によっても差はあるようです。

 

 

銀行カードローンの審査に通らない場合のチェック項目

もしあなたが銀行カードローンの審査に通らなかったのであればチェックしておきたい項目です。これから審査をされるのであればこれらに当てはまらなければ審査を通過できる可能性は高いです。

 

 

勤続年数が1年未満ではありませんか?

今働いている職場はどれくらい継続勤務されていますか?もし、新入社員などで1年未満等の場合は銀行カードローンの審査が通らない可能性があります。長期で安定収入があるというのも審査基準なので、当てはまる場合はもう少し時間が経過してから審査をやり直してみてください。勤続年数は3年ほどあれば問題ないです。

 

 

クレジットカードやカードローンの返済が遅れてないか?

クレジットカードの支払を遅延してしまうと信用情報機関に記載をされてしまい、銀行カードローンの審査は通らなくなってしまう可能性があります。メインで利用しているクレジットカードと銀行の口座が別になっていると支払い忘れてしまうこともあると思いますが、要注意ですね。

 

 

クレジットカード申し込みしすぎてない?

短期間でクレジットカードを申し込みしすぎてしまうと、信用情報機関に記載をされてしまいます。デパートでの買い物やお得になるからといって勧められる度にカードを作ってしまうのは考えものです、その際は半年間は登録された状態になりますので、半年後にもう一度審査をしてみましょう。

 

 

クレジットカードを利用したことがない

30歳以上の方でクレジットカードを利用したことが無い方も要注意です。現金主義でとても良いことだとは思うのですが、今まで金融事故が無かったとしてもスーパーホワイトとして評価が低くなってしまいます。

 

クレカを利用していてしっかりと返済をしているということは、返済能力があると判断してもらえるのですね。

 

その際は新規でクレジットカードを作成したり、スマホの分割決済をしたりなど、良いクレヒスを作るようにしましょう。

 

 

携帯電話の支払を忘れていない?

携帯電話(スマートフォン)端末の分割の支払いも遅れてしまうとCICという信用情報機関に記載されてしまいます。携帯電話を一括で支払った場合は問題ないのですが、携帯電話会社とローン会社はつながっているので、分割の料金を滞納してしまうと、ローンの返済滞納と同じになってしまうのです。信用情報機関に照会すれば

 

 

複数のキャッシング会社への申し込みは大丈夫?

カードローンの審査に落ちたからといって闇雲に申し込みをしてはいけません。短期間で複数の会社の審査に落ちてしまうと、審査に通りづらくなってしまいます。その際は1ヶ月近く期間を空けてから審査をやり直すことをおすすめします。

 

 

結局、銀行カードローンの審査は難しいの?

 

『銀行』この言葉で審査が通らないのでは?と考えないでくださいね。

 

銀行カードローンの審査は保証会社で行われます。もしあなたが借金の返済ができなくなった時に保証会社が保証してくれるという内容なのですが、この保証会社は消費者金融が行っているものが多いのです。

 

三菱東京UFJ銀行のバンクイック、じぶん銀行、セブン銀行などの保証会社はアコムですし、三井住友銀行のカードローンはプロミスと同じSMBCコンシューマーファイナンスです。

 

つまり、同じ保証会社が審査を行っているので、そこまで審査方法が違うということではありません。ただ、金利の違いもありますし、消費者金融と同じ審査基準というわけではないのでご注意を。

 

保証会社によって審査基準が違ったりしますので、1つの保証会社が無理でも別の保証会社だったら大丈夫というケースもあるのです。アコムはNGだったけど、SMBCコンシューマーファイナンスならOKとか、アコムがOKだったからセブン銀行もOKだったなども考えられます。

 

特に銀行カードローンは信用を重要視しますので、同時に審査を受けて信用を失うことが無いようにしたいです。

 

 

 

みんなの銀行カードローンの審査の口コミ体験談

どこの保証会社も審査の時にチェックする場所は似たようなものなので、審査に通らない、不安という方は、当サイトでも色々と銀行カードローンの審査に通った方の口コミを掲載していますので、自分と似た属性の口コミを是非参考にしてみてください。

 

 

銀行カードローンの審査に通った体験談

イオン銀行のおまとめローンの審査に通りました。

消費者金融からの借入やクレジットカードのリボ払いなどの借金が複数社になり、返済金額も返済日時もバラバラだったので返済がめんどくさかったので、返済額や返済日時をわかりやすくするために銀行のおまとめローンを探していました。

 

複数の金融機関から選んだ銀行が「イオン銀行」です。なぜイオン銀行のカードローンにしたのかというと、イオン銀行の口座をすでに持っていたという理由もありますが、自分の生活圏内にイオン系列のスーパーやコンビニがあって返済もしやすかったからです。

 

複数の消費者金融からの借入やクレジットカードのリボ払いがあったし、銀行の審査は厳しいと聞いていたので審査も通らないかなと思っていたのですが、申し込みから1週間ほどで審査結果の電話が来て、意外とあっさり審査に通りました。

 

借入やリボ払いは多かったのですが、1度も返済を滞ったことはなくそれが良かったのかなと思っています。今でもコツコツと返済しています。

 

(30代主婦・イオン銀行カードローンの審査)

 

最初から50万円のキャッシング枠でした

銀行カードローンを2ヶ所、審査を通った事があります。三井住友銀行とUFJ銀行です。

 

いま、CMでもあるように銀行口座を持っていなくても借りる事が出来る様ですが、きっかけは、自分が口座を持っている銀行だったからです。

 

初めて銀行カードローンを作成したのは、三井住友銀行カードローンでした。20代半ばだった当時、生活費等に困って一時的にレイクからの借入と美容機器をローンで購入していて、それぞれを月々支払う負担を解消したいと考えていました。

 

そのため銀行からの借入で一括して、月々の返済金額を少額にしようと考えました。接客業で定収入の当時の年収は200万円。それでも正社員雇用で入社3年目、50万円の限度額の審査を通りました。

 

14%と決して低くはない金利ですが、収入を増やしていけば、借入を完済出来ると考えて始めました。私は、しっかりと完済計画を描けていなかった事と、収入を増やすことが出来なかったのに転職する決断が出来ませんでした。

 

結局、もう1つUFJ銀行のカードローンを作り借入するに至りました。借入する前に、しっかりと完済するまでの期間と完済金額と方法を確かめてからスタートするべきだと思います。

 

(20代女性・接客業の三井住友銀行カードローンの審査)

 

バンクイックなら3時間で借入ができました

急にお金が必要となり、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」にネットで申し込みをしました。

 

30分後くらいに仮審査通過のメールが届いて、その2時間後に在籍確認の電話がありました。
そして免許証やらのデータを送って審査完了となりました。

 

借入まで3時間程度だったのでとても迅速な対応といえます。
在籍確認の電話もとても丁寧でした。

 

他社での借入がなく、虚偽記載などをしなければ基本的には通るものと思われます。
金額は30万円で金利は14.6%だったので決して低いとはいえませんが、申し込みをしてその日のうちに借入をすることができたので助かったことは事実です。

 

その後の返済も月ごとに定額で済むので返済計画が立てやすく、おかげ様で1年とちょっとで返済し終えることができました。

 

(40代男性・サラリーマンの三菱東京UFJ銀行カードローンの審査)

 

銀行カードローンの審査に落ちた体験談

ゆうちょ銀行カードローン審査に落ちた時の話

ゆうちょ銀行にずいぶん前にカードローンの申請をしたのですが、自分は、年収の300万に満たないため審査の時点で落ちました。

 

基準としては、仕事に就いてから1年以上であること夏、冬のどちらかの賞与が出ること年収300万以上であることが基準となっている説明を見てわかりました。

 

それと他の金融機関に借入がないこと2つ以上の金融機関30万円近く借り入れがあると審査から落とされるらしいです。

 

中には、3年以上勤めていても三菱UFJ、ゆうちょ銀行だと借り入れができないみたいです。そんな感じに私は、年収が300万円満たないこと理由で審査から落とされました。勤続5年働いても通らなかったです。

 

他のローン会社に申請してあってそこから借り入れがあったりすると審査が通りにくくなるきっかけにもなるので注意です。

 

(20代男性・営業のゆうちょ銀行カードローンの審査)

 

信用金庫のフリーローンに申し込みしました

事業資金が必要だった為に銀行カードローンに申し込みしてみました。

 

比較的、簡単に貸してくれるという話しでしたので。ネットなら申し込みをしまして必要な書類を記入してからファックスして審査を待ちます。銀行名は杜の都信用金庫のフリーローンです。

 

フリーローンだと用途は特に問われないので借りやすいかなと思い使ってみました。消費者金融もありますが審査が甘い分金利が全然高いので銀行から借りたかったのですが。申し込みしてから数日経っても連絡がこないので電話してみると後日に連絡するとの事でした。

 

急ぎだった為に焦りはありましたが翌日に連絡が来ました。審査に通らなかったとの事です。理由とかも特には教えてはくれませんでした。

 

そこの銀行と何の取引きもないと難しいのかな?という感想です。

 

(40代、自営業の信用金庫のフリーローンの審査)

 

りそな銀行カードローンの審査に落ちた理由

昨年銀行カードローンを作ろうと思い、りそな銀行カードローンに申込みをしました。

 

その時の私の状況は、正社員勤続年数7年で年収は450万以上、という形で申込みをして審査に落ちてしまいました。その時に他社からの借り入れは一切なく、申込み時点から過去12年間も借り入れはありませんでした。

 

りそな銀行がメインバンクで、ATMを使う度にカードローンの案内が画面に出ていたので、申込みをしましたが作れませんでした。

 

審査に落ちた原因として考えられるのが、20代前半の時に消費者金融から50万円借り入れして、残り20万円位の時点で2年間に渡り、延滞などを繰り返したことがあります。

 

(40代女性・サービス業のりそな銀行カードローンの審査)

 

 

銀行カードローンと消費者金融の違いは?

 

カードローンの中には種類があります。大きく分けると銀行カードローンと消費者金融のカードローンです。

 

 

銀行カードローンのメリットとデメリット

消費者金融では総量規制により年収の3分の1以上は借りることはできませんが、銀行カードローンは総量規制対象外なので年収の3分の1以上の金額でも借りることが可能です。

 

結婚資金が必要、引越し費用が必要、税金の支払い間に合わない・・・などまとまった金額が欲しい時はあるはずです。借入先も銀行になるので安心ですよね。

 

この安心面で銀行カードローンを選ばれる方は多いです。金利14%となっており、消費者金融の18%より低いのでトータルで返済する金額は安くなります。

 

即日融資を受けたいというのでなければ、安心面と金利面を考えて銀行カードローンはとてもおすすめです。

 

しかし、銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいというデメリットがあります。他社借り入れが多いと審査は難しくなります。

 

 

消費者金融のカードローンのメリットとデメリット

消費者金融のカードローンは最短30分などの簡単な審査で即日融資を受けることができる場所が多いです。テレビCMでも沢山やっているので有名なところならご存知の方が多いでしょう。

 

無利息期間があったりと銀行カードローンよりも審査がゆるめなのも特徴的。

 

しかし金利は18%〜20%と銀行カードローンに比べると高めです。更に、総量規制で年収の3分の1以上は借りることはできません。

 

中小の消費者金融だとトラブルになってしまう可能性も考えられますので、有名な消費者金融を選ばれるようにした方が良いかと思います。

 

消費者金融でおすすめはプロミスです!

 

プロミス

 

 

今すぐお金を借りたい場合のおすすめはモビット

 

今すぐお金を借りたい、即日融資したいのならば銀行カードローンよりも消費者金融系のカードローンがおすすめです。

 

消費者金融系のカードローンも大手銀行が運営しておりますのでとても安心してお金を借りることが可能です。

 

銀行カードローンも消費者金融もどちらもメリットとデメリットはあります。もし、審査でお悩みなのであれば消費者金融を選択するのも一つの手可と思います。

 

銀行系の消費者金融ならばモビットが一番おすすめです。三井住友銀行や、三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちならば電話・郵送なしWEBのみで完結することができます。

 

モビット

 

 

銀行カードローンの審査のまとめ

 

  1. 安定した収入があること
  2. 借入先が複数無いこと
  3. 返済の延滞などブラックになっていない
  4. 20歳以上で年齢条件を満たしている
  5. 限度額を低く設定する
  6. 複数の申し込みしない
  7. 記載情報は正確に記載する

 

 

以上を理解した上で銀行カードローンの審査を進めてみましょう。

更新履歴