銀行カードローンはアルバイト・フリーターでも審査に通るのか?

銀行カードローン 審査 アルバイト

 

銀行カードローンと聞くと少し敷居が高いような気がして正社員のように毎月しっかり安定した月収がないと審査に通らないのではないかと感じるフリーターの方が多いかと思います。

 

 

確かに正社員の方が審査に通る確率はフリーターに比べて高いですが、アルバイトのみの収入しかない人でも十分に審査に通ります。問題なく申し込みも可能ですし審査方法も正社員の方と同等です。

 

 

フリーターが審査に通るには?

 

フリーターが銀行カードローンの審査に通る方法はそんなに難しくはありません。他の銀行から借金している方や過去に大幅な返済遅延等がない限り問題なく借入可能です。

 

 

また、銀行カードローンには総量規制がないのでフリーターでも正社員と同額の希望融資額を設定することも可能です。総量規制というのは消費者金融で設けられている事が多い規制で、申込者の年収3分の1以上は融資できないというものです。

 

 

しかし、必ず審査に通るという訳ではないのでなるべく受かりやすい信用情報を作っておくと良いかと思います。

 

 

例えばアルバイト先の勤続年数が1年以上や年収が100万円以上あるといった情報です。特に勤続年数は年収の次に重要視される信用情報なので、まだ勤務先で働きだしてから3ヶ月という方は審査に落ちやすくなります。そういった点を注意して改善していければフリーターでも審査は簡単に通過できると思います。

 

 

年収100万円未満でも審査に通る?

 

基本的に住宅ローンやおまとめローンを除く銀行カードローンの申込条件に年収額○○万円以上といったものはありません。その為、年収は100万円未満のアルバイト収入でも申し込みする事が可能ですし、審査に通過する可能性も十分にあります。

 

 

よく銀行カードローンの申込条件で「安定した収入」というものがありますが、これを置き換えて言えば「毎月収入が確保できている方」という事です。

 

 

要するに毎月5万円でもいいので収入があればカードローンの審査に通ることは可能です。しかし、いくら総量規制がないといっても年収100万円以下の人が希望融資額を大金にすると審査の通過は厳しくなるかと思います。

 

 

例えば年収100万円の人に銀行側が500万円融資すると、年収100万円の人は500万円もの大金を借入可能となります。銀行側からしてもそんな無謀な事はしないと思いますが総量規制がない限り確実とも言い切れないので、もし大金が必要な方は借入後の返済計画を担当スタッフの方とよくご相談の上、決めるのも良いでしょう。