銀行カードローンのお試し審査とは何をするの?利用できる場所は?

銀行カードローン お試し審査

 

初めて銀行カードローンを申し込む際、やはり気になるのは審査ではないでしょうか。

 

そんな人にお勧めなのが「お試し審査」です。銀行によっては「お試し診断」と明記しているところもあると思いますが、内容はほとんど変わりないといって良いでしょう。

 

まず、実際にカードローンを申し込む前に、お試し審査をしてカードローンを利用可能かどうか確認しておくのも良いでしょう。

 

 

お試し審査について詳しく

 

お試し審査とは銀行・消費者金融などの公式ホームページで行う事ができる自動審査の事を指し、審査に必要な入力項目は主に「生年月日・職業・保険の種類・他社借入件数と借入総額・年収」となります。また審査時間も非常に短く、必須項目を入力して審査スタートボタンをクリックすれば1〜3秒ほどで審査結果がでます。

 

審査結果は基本的に「ご利用可能と考えられます」か「ご利用可能かどうか判断できませんでした」です。前者の場合はお試し審査でOKという事、後者の場合はお試し審査でNGという事になりますので、ご利用可能かどうか判断できませんという審査結果がでた場合は実際の審査で通過する可能性が低いと言えるでしょう。

 

 

お試し審査で通れば本審査に通過できるの?

 

ここで気を付けてほしいのは、お試し審査に通過したからといって本審査にも通るという訳ではありません。お試し審査は少ない信用情報から銀行カードローンを利用できるかどうかを機械的に審査するだけであり、実際の審査では審査基準となる信用情報の数や審査方法などが大きく異なってきます。

 

その為、お試し審査に受かったからといって本審査に必ず通るわけではないのです。その逆にお試し審査で落ちたからといって本審査に必ず落ちるという訳でもありません。

 

 

お試し審査ができる銀行

 

大手消費者金融では多く取り扱っているお試し審査ですが、銀行ではあまりお試し審査というのは見かけません。しかし、ゼロという訳でもありません。

 

例えば三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」はお試し審査を受ける事が可能です。お試し審査に必要な入力項目も「生年月日・性別、独身か既婚か・保険の種類・借入件数、借入総額」と少なく、すぐにお試し審査をすることが可能です。

 

バンクイック以外にも新生銀行カードローン「レイク」でお試し審査が可能です。審査に必要な入力項目は「生年月日・年収・借入件数、借入総額」とこちらも少なめで、審査結果も1〜3秒ほどで見る事ができます。