銀行カードローンの増額審査に通るためのコツとは?

銀行カードローン 増額審査

 

各銀行カードローンは窓口や公式サイトで上限額増額の申し込みをすることが可能です。

 

もちろん、銀行カードローンの上限額増額をする際は必ず審査を行う必要があります。過去に一度増額の審査に通過していたとしても、増額申し込みの都度、その審査は行われます。以上の事より、カードローンの上限額は利用実績に応じて自動的に増額していくという訳ではありませんので注意が必要です。

 

 

増額審査について

増額審査基本的銀行カードローン申し込み時の審査と変わらないと言われています。また、利用しているカードローンの実績によっても増額できるか否かが決まってきます。

 

例えばカードローンを利用している期間中に返済の延滞が一切ない優良顧客にかんしては銀行側から「増額しませんか?」という連絡があります。また、連絡だけでなくATMでのカードローン利用時に増額できますといった旨を知らせてくれる事もあります。

 

このように銀行側から増額の勧誘があった利用者にかんしては審査に落ちるといった事はほとんどなく、すんなり増額できてしまうでしょう。

 

その逆に銀行カードローンの返済遅延を発生させてしまった場合やその銀行カードローン以外にも他の会社から借入している場合は増額審査には不利になってきます。

 

 

増額審査に通過しやすい人は?

まず、増額審査に通りやすい人の特徴として上げるのであれば契約時の信用情報とほとんど変わっていないもしくは、信用情報が契約時よりもより良いものになっている人です。

 

例えば、銀行カードローン申し込み時から増額審査を受けるまでの間に転職して勤続年数や年収が変わった人や利用している銀行以外のカードローン・キャッシングを利用するようになった場合などは審査に不利ですが、契約時よりも勤続年数が上がっている、年収が上がっている人は増額審査に有利と言えるでしょう。

 

次にカードローンの利用期間です。どんなに優良顧客だとしてもカードローンを契約してから増額申し込みをするまでの期間が短すぎると増額審査に通過する事はほとんどありません。

 

契約してから最低でも6ヶ月は銀行カードローンを利用していないと増額審査に通過するのは厳しいので注意が必要です。一番望ましい期間は1年です。

 

また、仮に増額審査に通過したとしても増額できる額は10〜20万円ほどで、一気に100〜200万円の増額をすることができないので、大幅に増額したいと考えている人は銀行カードローンの借り換えをお勧めいたします。