おまとめローンの審査を通るためのコツとは?

複数の消費者記入や銀行から借入を行っている多重債務者向けの借り換えローンを「おまとめローン」と言います。複数の借金を一つにまとめる事ができ、毎月の返済額や金利を抑える事で返済総額も抑える事ができる非常に便利な商品の一つです。

 

また、おまとめローンは「顧客に一方的に有利な借り換え」であり、総量規制の例外として認められています。その為、総量規制の対象となる貸金業者でも年収を気にせずにおまとめローンを利用する事が可能です。ここではおまとめローンの審査のコツを解説していきます。

 

 

おまとめローンの審査通過は難しい?

おまとめローンは多重債務者という事を前提で提供している商品のため、審査通過率は従来の銀行カードローンよりも低いと言われています。

 

東京スター銀行では申し込み条件が年収200万円以上、正社員・派遣社員・契約社員の方に絞られています。その為、アルバイトの方が東京スター銀行のカードローンを利用する事ができないという事です。

 

もちろん、全ての銀行が東京スター銀行のような条件を設けている訳ではありませんが、おまとめローンを通過する場合は東京スター銀行の申し込み条件なみの信用情報がないと厳しいと考えて良いでしょう。

 

 

借入件数が審査通過のポイント

おまとめローンは借入総額よりも借入件数が審査で重要視されると言われています。例えばAさんが3社から100万円ずつ借入して借入総額が300万円。Bさんが2社から150万円ずつ借入して借金総額がAさんと同様300万円。このAさんとBさんどちらがおまとめローンに通過しやすいかというとBさんになります。

 

理由としてBさんは限度額150万円まで増額に成功できているという信用情報があります。一方、Aさんは上限額が1社につき上限額100万円までしか借入することができなかったという信用情報がある為、僅かな差ですがBさんの方が審査に有利となります。

 

もちろん借入総額も審査で見られるポイントですので、借入件数が少なくても買い入れ総額が高額になるとおまとめローンの審査には不利となりますので注意が必要です。

 

借入件数は最低でも5件、借入総額は100〜300万円ほどがおまとめローンの審査に通過できる条件になってきます。これ以上でも利用は可能ですが、審査が厳しくなりますので借入件数を抑えるなどの対策をとる事をお勧めします。

 

その他にもおまとめローンの審査に通りたいからといって複数の銀行・消費者金融に申し込みすると審査通過率が低くなる可能性がありますのでおまとめローンを申し込む場合は最低でも3社に抑えておくと良いでしょう。