銀行カードローンの借り換えをする時のコツは?

現在利用している銀行カードローンの返済総額や毎月の返済額を少しでも抑える為に金利の低い銀行カードローンに借り換えるのも一つの手です。

 

しかし、実際に借り換えて本当に返済総額が減るのか?逆に返済総額が上がってしまうのではないかという不安があり、借り換えを躊躇っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

銀行カードローンの金利について

借り換えで最も重要なのは金利です。

 

消費者金融から銀行のカードローンに借り換える場合は基本的に金利が下がり返済総額も下げる事ができるので借り換えに失敗するというのは稀ですが、銀行から別の銀行へ借り換える場合や消費者金融から別の消費者金融に借り換える場合は金利に注意が必要です。

 

どんなに金利が低いと謳っていても現在利用しているカードより金利が低いとは限りません。

 

また公式サイトを見ても金利は基本「○%〜○○%」と表示されており、実際に申し込んで審査に通過するまで金利何%が適用されるかはわかりません。

 

金利は借入額によって低くなっていきます。実際に自分の借入総額だったら金利は何%になるかを銀行窓口や問い合わせで聞いてみるのも良いでしょう。

 

なお、金利は利息制限法により上限が定められています。例えば100万円以上の借入を行った場合の金利上限は15%となります。10〜100万円は18%です。

 

例えばA社B社C社からそれぞれ50万円の借金をしており、全ての会社の金利が18%だとすると、これを利息制限法に沿った銀行でまとめると金利は15%が上限となり、返済総額を確実に抑えられるといった考え方もできます。

 

 

返済期間について

現在利用しているローンの金利よりも低い銀行カードローンに借り換える事ができても、借り換え前より返済期間を延ばした場合、返済総額が大幅に上がる可能性があります。

 

例えば金利15%のA銀行から100万円借入して返済期間が5年だとします。この場合の返済総額は約143万円となります。これを金利13%のB銀行カードローンに借り換えたとしても返済期間を8年に延ばした場合、返済総額は約161万円と大幅に上がってしまいます。

 

返済期間を延ばす最大のメリットは毎月の返済額を抑える事ができると言う点です。以上で説明したA銀行の場合、毎月の返済額は2万4千円です。それに対しB銀行は毎月の返済額が1万6千円です。

 

このように返済期間を延ばすことで毎月の返済負担を大きく軽減する事が可能ですが、その分返済総額が大きく上がるので非常に注意して頂きたいポイントです。