総量規制外カードローンの審査は甘いのか?

総量規制とは個人の借入総額が年収3分の1に制限される制度を指します。

 

しかし、全てのカードローンに総量規制が適応されている訳ではなく中には総量規制外カードローンも存在します。例えば銀行カードローンですが、これに総量規制は適応されていません。

 

総量規制と言うのは消費者金融やクレジットカードと言った貸金業者に適応される規制であり、貸金業者としてカウントされていない銀行には総量規制は存在しません。

 

 

総量規制外カードローンの審査について

総量規制対象外=審査が甘いという訳では決してありません。

 

どんなに年収が低くても銀行側が設定している融資額の範囲内であればカードローンの申し込みをする事が可能ですが、その分審査内容は慎重になり甘いどころか総量規制外カードローンの審査は総量規制を適応している貸金業者よりも厳しめと言われています。

 

もちろん、消費者金融の審査に落ちて銀行カードローンの審査に通ったという例外も存在しますが、そういった例は非常に稀ですのであまりお勧めしません。

 

 

総量規制の例外

消費者金融でも総量規制の対象外として知名度の高い商品が「おまとめ・借り換えローン」です。顧客が一方的に有利な貸付の為、総量規制が適応されません。こちらも先ほど述べたように総量規制対象外=審査が甘いという訳ではないので注意が必要です。

 

ただ規制がないだけで審査基準や内容が緩くなるという訳ではありません。

 

 

総量規制対象外でも年収3分の1以上の借入は厳しい?

銀行カードローンのように総量規制対象外であっても年収3分の1以上の借入は審査に通過しづらいと言われています。

 

審査通過率が下がるといっても大幅に下がるという訳ではないのですが、やはり年収の3分の1以上となると100万円〜200万円ほどの高額融資となるため、例え総量規制がないといっても審査する側は慎重にならざるを得ません。

 

また、仮に年収3分の1を超える限度額のカードローンを利用できたとしても、その後消費者金融などの総量規制が適応した貸金業者からお金の借入ができなくなってしまいますので総量規制を超えた借入を希望する場合は注意が必要です。

 

 

まとめ

総量規制外のカードローンは審査が甘めというより逆に総量規制が無い分審査が厳しめである傾向があるようです。確かに、多額の借金を抱えていても審査に通過する可能性があるので、審査が甘めなのでは?というイメージが湧きやすいですが決してそういった事はないので注意が必要です。