地方銀行のカードローンの審査は大手カードローンより甘い?

地方に住んでいる人にとっては身近で利用頻度も多いと思われる地方銀行。その数や規模の大きさは様々で小さい銀行もあれば横浜銀行のようにメガバンクなみの規模をもつ銀行もあります。

 

もちろん、カードローンなどの商品も備えており、地方の方でも身近な地方銀行でカードローンを利用する事が可能です。そこで気になってくるのは従来の銀行カードローンと地方銀行カードローンにおける審査の違いではないでしょうか?

 

地方の銀行は審査が厳しいと思っている人もいれば審査は甘めという意見が様々ですが、実際のところ審査通過率は従来の銀行と比べて差はあるのかを説明していきますので参考にしてみてください。

 

 

申し込み条件が違う地方銀行

基本的に安定した収入があり、年齢が20歳以上65歳以下ならば誰でも申し込みできるのが全国に店舗を持つ銀行カードローンの特徴ですが、地方銀行カードローンは安定した収入と年齢以外にも「支店の営業地域に自宅または勤務先がある」という条件が付きます。

 

例えば横浜銀行の場合、神奈川県、東京都、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に居住または努めている方が申し込みの条件となります。こういった条件がある為、審査以前に申し込みが出来ないという場合も多くあります。

 

 

審査は比較的に緩めの傾向?

大手銀行に比べて顧客数が圧倒的に少なく、宣伝に多額の資金を投資できない地方銀行はそれでも顧客を獲得し事業拡大を目指すためカードローンの審査を緩めにして顧客を多く獲得していると言われていますが、現在は非常に規模が大きい地方銀行も増え、テレビCMや広告でも多く目にします。

 

その為、正直なところ全国展開している銀行と比べて審査の通過率はそこまで変わらないでしょう。

 

逆に地方銀行の方が金利が低く審査は従来の大手銀行より厳しめという意見もいくつか目にします。

 

地方銀行といっても種類は様々で、カードローンの審査通過率も各銀行によって変わってきます。もし審査通過率を他の銀行と比較するのであれば金利と利用限度額をチェックすると良いでしょう。

 

これは地方銀行に限られた話ではありませんが、金利が高く利用限度額が低い銀行は比較的審査が緩めと言われています。利用者にとっては少し負担が大きくなってしまいますが、審査が緩い銀行でカードローンを申し込みたいと考えている方は少し金利面や利用限度額を妥協する必要があると言えるでしょう。