新生銀行のカードローンの審査と特徴は?

新生銀行のカードローンとだけ言ってもピンとくる人は少ないかもしれませんが、新生銀行カードローン「レイク」と言えばピンと来る人も多いのではないでしょうか?

 

ATM提携数も多くセブン銀行、ローソンATM、E-netなど身近なコンビニのATMから手数料無料で借入することが可能です。また、1000円単位での借入が可能ですので少額が必要という時にも便利です。

 

新生銀行のカードローンの審査や特徴を解説します。

 

 

新生銀行のカードローン・レイクの審査

レイクの申し込み条件は安定した収入がある満20歳から70歳以下の方です。

 

安定した収入はアルバイト・パートでの収入でも問題ありません。しかし専業主婦など収入がない方はレイクを利用する事ができないので注意が必要です。

 

また、レイクの審査はとにかくスピーディで金利も高めのため審査が他の銀行と比べて緩いと言われています。

 

その為、とにかく急いでお金が借りたい人はレイクに向いていると言えるでしょう。

 

また近くに無人契約機を設置している店舗があれば、まず間違いなく即日で融資を受ける事ができるので、近くに無人契約機があれば是非利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

レイクのメリット

レイクには2つの無利息期間サービスが存在し、1つは「30日間無利息サービス」もう1つは「5万円分に対して180日間無利息サービス」です。

 

この二つのサービスは初めてのご利用のみ適応されるサービスなので過去に1度レイクを利用したことがある人や既にレイクを利用している人は適応されないので注意が必要です。

 

金額が5万円までという条件があるものの、180日間無利息というのは各消費者金融や銀行と比較してもレイクが最長日数となります。

 

またレイクには自動契約機があり、お近くの店舗で自動契約機を設置しているのであれば、申し込みから契約、カード発行まで最短40分で可能です。

 

インターネットで予め申し込みを済ませている場合は更に時間を短縮してカードを発行できる為、すぐにでもお金を借りたい場合は自動契約機での契約が非常に便利と言えるでしょう。

 

もちろん、自動契約機でなくてもインターネットで全て手続きを完了させる事ができるので、足を運ぶのが面倒という人はWeb完結申込もお勧めです。

 

 

レイクのデメリット

レイクは金利が上限18%、下限が4.5%と銀行カードローンの中では少し高く、消費者金融の金利に近い設定になっています。審査のスピードや利便性、無利息期間というキャンペーンがある反面、他の銀行に比べて高めの金利設定というのがレイクの欠点となっています。