銀行カードローンの審査は水商売・キャバ嬢・風俗でも通るのか?

銀行カードローン審査 水商売

 

風俗嬢キャバクラ譲などの水商売で収入を得ている方の中にもお金を借りたいが正直水商売だとカードローンの審査に通らないのではないかと不安に感じる人が多いようです。

 

 

確かに、水商売はどれだけお客様にサービスができたかで収入が大きく変わってきます。

 

 

一般のサラリーマンが稼ぐ月収より数十倍稼げる人もいれば月の収入がフリーター並みにしか稼げない人もおり、非常に収入に波のある職業です。その為、「安定した収入」が絶対条件の銀行カードローン審査には少し不利だというのは確かです。

 

 

水商売でも銀行カードローンの審査に通る?

 

例えば前月の収入が50万円だったが今月の収入は10万円しか得る事ができなかったという水商売の方は少なからずいるかと思います。仮に銀行から100万円融資してもらったとしても将来的に返せるかどうかがかなり不透明なのが水商売の特徴です。

 

 

それは銀行側からしても承知の上なので、水商売が審査に不利になるというのも納得がいきます。しかし、だからといって水商売が銀行カードローンの審査に通る確率が正社員と比べて極端に低いという訳でもありません。

 

 

確かに収入に波がありますが銀行からお金を借入できている水商売の方もたくさんいます。もちろん、収入が高いにこしたことはありませんが、低くても審査に通る可能性は十分にあります。正社員に比べて審査が厳しめになる事もありません。

 

 

水商売で収入を得ている人が審査を申し込む際の注意点

 

まず水商売の方が申し込みする際に申込書に記載する就業形態についてですが、ここはフリーターで問題ありません。職種についても飲食業で問題はないでしょう。

 

 

記載欄に「自由業」といったものもあり、水商売のかたが就業形態をどれにすれば良いか分からず「自由業」を選択してしまう例があるそうですが、自由業にした場合は収入証明書類などの提出書類が必要となってきますので注意しましょう。

 

 

また、年収の欄も毎年バラつきがあるので記載に迷うとは思いますが年収は昨年の収入で問題ありません。まだ働いてから1年もたっていないという方は予測でも構いませんが、勤続年数1年未満というのは審査に不利なのでおすすめできません。

 

 

また、水商売では源氏名を使って働いている人がほとんどかと思いますので在籍確認対策の為にお店の人に本名や在籍確認の電話がくると前もってお店側に伝えておくとよいでしょう。
在籍確認ができないと審査を受けることはできないので注意してください。