銀行カードローンは学生でも審査に通るのか?

銀行カードローン審査 学生

 

学費や教材などの出費でどうしてもお金が足りないという学生は少なからずいるかと思います。

 

 

ほとんどの学生は親からの仕送りや奨学金などを使ってやりくりしていると思いますが、つい娯楽にお金を使いすぎて必要な教材が買えず親に相談するのも気が引けるからカードローンのカードを発行して何とかしたいと思っても、そもそも学生銀行カードローンの審査を通過するのか不安に感じる学生も少なくないと思います。

 

 

学生が銀行カードローンの申込をする際の注意点

 

学生でもアルバイトなどの収入があれば銀行カードローンの審査に通過することは十分に可能です。しかし、借入できる限度額は多くて20万円程度になります。また、銀行カードローンを申し込む際の条件として「満20歳以上」というものが設けられています。

 

 

その為、高校生や20歳未満の大学生がカードローンの申し込みをするのは難しいでしょう。

 

 

20歳を超えているのであれば、アルバイトなどの収入でカードローンの審査に通過することは十分に可能です。もちろん、他の銀行や消費者金曜から一切お金を借りていない学生に限ります。

 

 

学生というのは収入がアルバイトのみで決して安定しているとは言えません。月の収入が安定した正社員に比べれば審査通過率は下がります。その為、他から借金をしているとそれだけで審査には不利ですので、審査に通過するのも厳しいと言えます。

 

 

学生が銀行カードローン審査に通る方法は?

 

学生の場合、月の収入と同じくらいアルバイト先の勤続年数が重要視されます。

 

 

例えば上京したばかりでアルバイトもまだ2ヶ月しか続いていないという学生は審査に不利です。また、アルバイト先の時給や日給も重要となってきます。どんなに働いていても収入が少なければ審査に不利となります。

 

 

一番改善できるポイントは勤続年数でしょう。とりあえずアルバイトを始めてすぐにカードローンに申し込むのは避けたほうが良いかと思います。

 

 

その他、学生の場合銀行カードローンより比較的審査が優しい大手消費者金融に審査を受けるのも一つの選択肢かと思います。しかし、消費者金融には総量規制が設けられているため、銀行ほど融資額の上限を上げる事ができないというデメリットがあるので注意してください。

 

 

学生が借金をした場合、将来的に借金返済が厳しくなり就活などに支障が出てしまう学生も少なくはないようです。将来的にもしっかりと返済できるように計画を立ててからカードローン等の審査に申し込みする事をおすすめします。