審査の必要書類まとめ

銀行カードローン 審査 必要書類

 

銀行カードローンはカードがあればコンビニや街中などに数多く設けられたATMで現金を借り入れできる便利な商品です。急な出費や、高い買い物をする際に便利で一枚はもっておきたいものですが、実際にカードを発行するとなったら、一体どういった書類が必要なのかというのが気になるポイントかと思います。

 

 

一般の社会人がカードローンを申し込む際の必要書類とは?

 

銀行カードローンを申し込む際に必ず必要な書類は「本人確認書類」です。基本的に身分を証明できるものであればなんでもかまいません。ほとんどの方は運転免許証や保険証かと思います。

 

 

その他にもパスポートや住民票、印鑑証明書なども問題ありません。最近の銀行はインターネット上で申し込みから審査、カード発行まで行ってくれるのでインターネットで申し込む場合の本人確認書類は写真で撮影したものや、コピー機で移したものでも問題ありません。

 

 

基本的に本人確認書類は1枚で問題ありませんが、銀行によっては2枚以上の個人確認書類が必要な場合があるため、念の為に「運転免許所・各種保険証」のように2つ以上の身分証明書を用意しておくと良いでしょう。

 

 

その他、融資限度希望額が銀行の指定する一定の額を超えた場合、源泉徴収票や近直の3ヶ月以内の給与明細の提出を求められる場合があります。基本的に希望融資額が150~200万円を超えた場合に提出を求められる事が多いようです。どこの銀行も源泉徴収票があれば問題ないかと思います。

 

 

自営業で収入を得ている人の必要書類は?

 

自営業や個人事業主の場合、カードローン発行の際に提出する必要書類が一般の社会人やフリーターの方と少し異なります。本人確認書類に代わりはありませんが、自営業の方が安定した収入を得ているかどうかを証明する必要があります。

 

 

その際に必要な書類は「住民税決定通知書または課税証明書」か「納税証明書」のどちらかを提出する必要があります。銀行によっては提出する書類の種類は異なってきますが基本的にこのどちらかで問題ないかと思います。

 

 

必要書類については各銀行で有効な書類の種類が異なりますが、基本的には運転免許証・各種保険証があれば問題なく申し込みが可能です。自営業や個人事業主の場合は収入を証明できる書類があれば申し込みは可能です。

 

 

銀行カードローン申し込みの際に、申し込みを検討している銀行の公式サイトにて申し込みの際に提出が必要な書類にかんして具体的に記載されていますので、そちらを参考にしてみても良いでしょう。