銀行カードローンの審査と保証会社の関係とは?

銀行カードローン審査 保証会社

 

銀行カードローンは保証人や担保を必要としない場合がほとんどであり、その代わり利用者の保証は保証会社が行っています。その為、利用者が返済不可能に陥ってしまった場合、保証会社が利用者の代わりに返済を行ってくれます。

 

その保証会社の正体は基本的に消費者金融であり、銀行カードローンの審査保証会社である消費者金融が行っています。

 

 

審査内容は消費者金融と同じ?

 

銀行カードローンの審査を行うのが保証会社である消費者金融であれば消費者金融との審査通過率は変わらないのではないかと疑問を持つ方が多いかと思いますが、案外そうとは限らないようです。

 

確かに審査の内容は特に変化がないと思われますが、銀行カードローンは消費者金融より金利が非常に低く限度額も消費者金融と比べて大幅に違う額を設けている銀行が多いかと思います。このようにかなり良心的な設定を設けている銀行の審査通過率が消費者金融と同じとは考えにくいです。

 

例えば三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」は保証会社がアコムとなりますが、アコムの審査に通ることができたからといってバンクイックの審査に通過するとは限りません。実際に消費者金融での審査には通ったが、その消費者金融が保証会社となっている銀行のカードローン審査には通過しなかったという実例もあります。

 

審査内容が消費者金融と変わりなくても、審査基準が同じであるとは限らないという事です。

 

 

保証料について

 

保証料とは債務者の保証をしてくれている保証会社に支払う金額の事です。(保証料の掛からない銀行もあります)特に保証料を気にしている人は多くないと思いますが、もし保証料を払いたくないという場合はネット銀行をお勧めします。

 

ネット銀行は基本的に保証料が不要です。ネット銀行は基本的に店舗を持たないため、人件費や運営費用が店舗をもつ従来の銀行より比較的に少ないです。

 

その為、保証料なしでカードローンを提供する事が出来ています。しかし、手数料が通常の銀行と比べて高いネット銀行だと結局保証料を払っているのと変わらない金額を銀行に支払っている事になるので注意が必要となります。

 

もちろん、保証人を立てる事ができれば店舗を複数もつ銀行でも保証料は掛かりませんが、基本的に保証会社が保証を受け持つという条件でカードローンを提供しているため保証人を立てるというのは難しいかもしれません。

 

もし保証料も気にするのであれば保証料が掛からない銀行か手数料の少ないネット銀行を探してみると良いでしょう。