銀行カードローンは家族の借り入れも影響するのか?

銀行カードローン審査 住宅ローン

 

あなたの持つ銀行カードローンの情報は各銀行に共有されている為、まだローン完済をしていない場合は住宅ローンに影響します。また銀行カードローン申し込みの際の審査結果や個人情報なども全て共有されている為、住宅ローンを組む際に影響がでるかもしれません。

 

 

しかし、住宅ローンを組む際ももちろん審査が行われるのでその際の信用情報が問題なければほぼ影響なしといっても問題はないかと思います。

 

 

住宅ローンは審査が厳しい

 

住宅ローンを組む際の審査は従来のカードローンと比較して難易度が高いです。流れとしては仮審査をして大丈夫だったら本審査と進むのですが、問題なのは仮審査です。もし申込者が銀行カードローンの審査に落ちてまだ間もない状態だった場合は住宅ローンにも影響してきます。

 

 

もし1年以内にカードローン審査で落ちているという経歴がある場合は住宅ローンを組む際に注意したほうが良いでしょう。

 

 

また、審査以外にも過去に返済を遅延している方や多重債務をしている方もしっかり情報が残っている為、住宅ローンには非常に不利となります。しかし、だからと言って必ず落ちるという訳でもありません。

 

 

住宅ローンは申込者を総合的に審査しますので、現在の年収や勤続年数、居住年数から家族形態まで全て重要的に審査されますので現状、申込者に一切の問題がない場合は傷のある経歴があったとしても住宅ローンの審査に通過する可能性は十分にあると言えるでしょう。

 

 

信用情報の記録はいつ消える?

 

過去にもし銀行カードローンの審査を受けている場合、必ず申込者の信用情報が「全国銀行個人信用情報センター」か「CIC」に保管されます。メガバンクであれば必ず信用情報機関に加盟しており、いつでもその情報を確認することができます。

 

 

その為、返済遅延や債務整理を行った場合必ず信用情報機関にその情報は保存され、将来住宅ローンなどを組む際に影響が出てきます。

 

 

しかし、その記録はいつまでも保管されている訳ではありません。信用情報機関は契約者が解約してから約5年間は記録を保存します。(債務整理などの記録は解約しなくても5年で記録は消えます)

 

 

どうしても過去の記録を消したい場合はカードローンを解約する必要がありますので注意してください。また、カードローンの借金にかんしてはしっかり完済できていれば問題はないので、解約までしなくても住宅ローンに不利という事はないかと思います。