銀行カードローンは家族の借り入れも影響するのか?

銀行カードローン 家族

 

親が多数の消費者金融や銀行から借金をしていたり、妻が過去に債務整理を行ってブラックリストに登録されている場合、銀行カードローンにどういった影響がでるのか気になるポイントではあります。

 

 

実際に審査で家族の借り入れなどの信用情報はどのような影響がでるのかを紹介していきます。

 

 

配偶者の借金は審査にどう影響するの?

 

家族の借金により審査に影響がでるのではないかと考えカードローンの申し込みを渋る人は少なからずいるのではないでしょうか。実は銀行カードローンの審査では配偶者の信用情報は全く影響しないです。

 

 

銀行側は個人情報の取り扱い上、配偶者の過去の経歴を確認することはできません。銀行カードローンの審査対象は原則として申込者本人のみとなるため仮に家族の誰かが債務整理を行いブラックリストに載っていたとしても申込者本人に問題がなければカードローンの審査に影響が出るという事はないです。

 

 

しかし、「配偶者貸付制度」のように配偶者も審査対象になるものは別です。「専業主婦でも申し込み可能!」と謳っているカードローンは基本配偶者も審査対象となるため、夫が借金をしていたりブラックリストだった場合は審査に通過するのは困難となるので注意してください。

 

 

ブラックリストが保証人になれるの?

 

最近では保証人の必要がないカードローンが増えてきており、保証人不要でも問題なくカードローンのカードを発行する事が可能ですが、稀に保証人はいらないと言いつつも申込者の信用情報によっては保証人の求める銀行が少なからず存在します。

 

 

そんな時、大抵保証人に選ぶのは配偶者なのですが配偶者には借金があり保証人には選べない、かといって友人に保証人になってもらうのも申し訳なく感じる方はいるかと思います。

 

 

もし仮に配偶者がブラックリストだったとしてもその人を保証人にする事は可能です。審査に影響が出る事もありません。あくまで審査の対象は申込者であり保証人ではありません。

 

 

しかし、銀行側が保証人の変更を求める場合や第二保証人を要求される場合があるので注意が必要です。

 

 

また、多額のお金を融資してもらう住宅ローンなどは保証人がブラックリストだった場合、第二保証人を要求される可能性が非常に高いので、そういった多額のローンを組む際は、保証人に多重債務者やブラックリストの方を選ぶのはおすすめできないです。

 

 

以上のように、家族がブラックリストでも多重債務者でも銀行カードローンに影響がでる事は一切ありませんが、銀行側の商品によっては影響がでる可能性もありますので注意が必要です。