銀行カードローンを家族にバレないで借りることはできる?

銀行カードローン 家族バレない

 

多くの人は身内や知人に借金を知られるのが不安材料の一つだと思います。

 

 

もし銀行カードローンや消費者金融に申し込みをしたら家族に連絡がいくのではないか、在籍確認で勤務先に借金する事が知られてしまうのではないかといった不安は誰しもがあるかと思います。

 

 

特に初めて銀行や消費者金融に申し込みを検討している方は尚更不安になるのではないでしょうか。実際に銀行カードローンに申し込んで家族にバレない可能性などは気になるポイントかと思います。

 

 

銀行カードローンは家族にバレない?

 

家族にバレないで銀行カードローンを申し込む方法は「普通に申し込む」だけです。

 

 

というのも、銀行カードローンに申し込んだ方の情報は「個人情報」となるため第三者に銀行側から通知するという事は間違いなくありません。

 

 

そのかわり、保証人を要求された場合は別です。銀行カードローンは基本的に保証会社がバックについている為、保証人を要求される事は非常に稀と言っても過言ではありませんが、借りる金額が上限ギリギリのラインまで借りている人の場合は保証人が要求される場合があるそうです。

 

 

そういった事が無い限りは申し込みの時点で家族に知られるというのは、まずありえません。

 

 

銀行カードローン申し込みが家族に知られる理由

 

銀行カードローンの申し込みが家族に知られてしまう原因の多くが郵送物です。

 

 

例えば、「郵送で頼んでいたカードローンが家に届いた時、ちょうど申込者が不在で代わりに親が受け取ってしまった」などの理由です。

 

 

カードローンのカードは送付先の住居に住む人の署名が必要になる場合がほとんどで、申し込み者本人の代わりに家族の方が受け取った場合はバレてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

その他にも利用明細の発行などでも郵送で送られてくるので家族と一緒に暮らしている方は注意が必要です。しかし、最近の銀行は利用明細がネットで確認できるようになっており、郵送で利用明細が送られてくる事はほとんどないと言えるでしょう。

 

 

必ず郵送物が発生するのは郵送でのカード発行を申し込んだ場合か返済を滞納した場合のみです。特に返済が遅延して届く催促状は絶対に家族に見られたくない人がほとんどかと思いますので、返済の滞納には注意してください。

 

 

以上の例は家族と暮らしている人を例にしています。一人暮らしをしている人が実家の家族に知られてしまうという事はまずないといってもいいでしょう。