銀行カードローンは携帯料金を延滞しているとNG?

銀行カードローン審査 携帯料金

 

一見、何の関連性もなさそうな携帯料金延滞とカードローン審査についてですが実は携帯料金延滞はカードローン審査に大きな影響を及ぼします。

 

 

携帯料金を分割で支払うという事はローンを組んでいるという事です。もし、この分割払いが大幅に影響した場合、あなたの信用情報が信用情報機関に記録されるのです。信用情報機関の記録は銀行や大手消費者金融が審査に申し込み者の過去の経歴を調べるため閲覧することが可能です。

 

 

その為、申し込み者に携帯料金延滞の過去があれば銀行や大手消費者金融にすぐ知られてしまい審査の通過率が大幅に下がってしまう事は間違いないです。

 

 

携帯料金、どれくらいの期間なら延滞しても大丈夫?

 

携帯料金が少し滞った程度では審査に影響することはないですが、3ヶ月以上滞納した場合は非常に致命傷です。

 

 

3ヶ月の延滞をした場合、信用情報記録の返済状況欄に「異動」という文字が記載されます。異動というのは簡単に説明すると「ブラック情報」という事です。

 

 

携帯料金滞納以外にも債務整理を行った場合や債務者が返済不能になり、代わりに連帯保証人や保険会社が支払った場合などにこの「異動情報」というものが付くのです。その為、携帯料金を3ヶ月以上滞納した人は銀行カードローン審査に通ることが非常に困難な状態となります。

 

 

異動情報は消えないの?

 

支払延滞により登録されてしまった異動情報は、債務者が延滞問題解消から5年で削除されます。

 

 

簡単に言うと債務者が4ヶ月もの間、支払料金を滞納していた場合、滞納した料金+利息+遅延損害金を全額支払ってから5年という事なので、早く延滞金を支払えればその分異動情報が登録されてから削除されるまでの期間が縮みますが、いつまでも延滞金を払えない状態だとその分期間は伸びます。

 

 

しかし、最低でも5年間は異動情報が登録されますのでその期間中に消費者金融や銀行カードローンの審査に通過するのは非常に難しいです。

 

 

よく耳にするブラックリストというのはこういった異動情報に登録された人の事を指します。また情報も延滞・保証履行・破産と種類がありますが、例え延滞でも破産でもお金の借入をすることは困難です。

 

 

携帯料金の延滞だけでなく、通常のカードローンやクレジットカードなどの返済延滞や債務整理などで異動情報が登録されます。この異動情報さえ消えてしまえば一般と変わりなく審査可能ですので、申し込みを検討の際は異動情報削除後の方が良いでしょう。