クレジットカードの審査方法との違いとは?

銀行カードローン クレジットカード 審査

 

よくインターネット上で銀行カードローンの審査通過率はクレジットカードの審査通過率より低いという記事を目にします。また、カードローン審査もクレジットカード審査も難易度は同じという記事もよく目にします。

 

 

実際のところ審査の正確な基準や信用情報の評価基準にかんしては一般的には公表されていないので、どちらが通りやすいかというのは実際のところ不明です。

 

 

審査方法はカードローンとクレジットカードで違いはあるの?

 

クレジットカードもカードローンも審査方法にほとんど変わりはありません。

 

 

申込者の年齢・勤務先・勤続年数・居住形態・年収などの「属性」とよばれる情報を審査の際にスコア化し、そのスコアが高ければ高いほど審査の通過確率が上がります。

 

 

また、過去の返済経歴に傷があったり多重債務者であった場合は審査に通る可能性は下がります。その他、在籍確認や一定額を超えた融資を希望する場合は給料明細の提示が必要になります。以上の事はクレジットカード・銀行カードローン両方の審査に求められるものです。

 

 

しかし、クレジットカードは契約者が商品を購入した際その商品の所有権は肩代わり金完済までクレジット会社のものとなり、その一部は担保されていることとなります。

 

 

カードローンはクレジットカードとは違い、商品の肩代わりではなく現金のみを契約者に貸すため申込者の高い返済能力が求められます。その為、審査方法は変わらないと言っても審査の通過率は銀行カードローンの方が若干高いかと思います。

 

 

そもそも銀行カードローンとクレジットカードの違いはなに?

 

クレジットカードは現金が無くてもクレジット会社加盟店にカードを差し出せば商品を購入できますが、カードローンにはそれがありません。ここが2つのカードの大きな違いです。カードローンはATMなどで現金のみを契約者に融資しますが、クレジットカードは契約者の買った商品を肩代わりしてもらう事ができます。

 

 

基本的にどこのお店もクレジット会社に加盟しているのでクレジットでのお支払いが可能ですが全てという訳ではありません。中にはクレジットが使えないお店も多数存在します。

 

 

そんな時に便利なのがカードローンです。現金が使えないお店は存在しないので銀行カードローンのカード1枚あればどこでも買い物が可能な為、突然の出費に備えてカードローンのカードを所持している方が多いようです。

 

 

また、カードローンとクレジットカードが一体化したカードも存在しますのでこちらもおすすめです。