銀行カードローンの申し込みの流れ

銀行カードローン 申し込み 流れ

 

現在、銀行カードローン申し込みはかなり簡易化され自宅にインターネット環境があり、銀行カードローン申し込みの条件がクリアできていれば誰でも簡単に申し込みする事が可能です。

 

 

申し込みする際に一人で書類を記載するのが不安という方でも、銀行の窓口に足を運べば担当スタッフが事細かく申し込み書類の記載方法を教えてくれます。申し込みが終われば後は銀行側が審査から発行まで全てやってくれます。

 

 

インターネット上での銀行カードローン申し込みの流れとは?

 

インターネットから銀行カードローンの申し込みをする際の流れは基本、申し込みフォームから個人情報や勤務先の情報といった簡単な必須項目を記載し、申し込みを実施します。
その後、銀行側から必要書類の提出指示があるので、郵送にて本人確認書類の写しや収入証明書類を銀行側に送ります。基本的な申し込みの流れはこれだけです。

 

 

カード発行の審査が無事に終われば審査の合否がメールにて通知され、審査が通過した場合は自宅に銀行カードローンのカードが送られてきます。ここまででかかる日数は1~2週間程度です。

 

 

また、最近ではWEB完結申込というサービスを実施している銀行も多く、本人確認書類や収入証明書類はスマートフォンなどのカメラで撮影し、メールに添付して送るか指定サイトにアップロードするだけで申し込みは完了します。

 

 

WEB完結申込の場合は申し込みから即日または翌日に審査が完了し、指定した口座に希望融資額が振り込まれる仕組みとなっています。急にお金が必要になったが、カードを持っていないからお金も借りられないという人でもその日のうちにお金を借りられる為、非常に人気の高いサービスとなっています。

 

 

店舗での銀行カードローン申し込みの流れとは?

 

銀行に来店してカードローンの申し込みをする際の流れもインターネット上での申し込みとほとんど異なる点はありません。しかし、一人で銀行カードローンの申し込みをするのは少し不安と感じる方はお近くの銀行で申し込みをするのも良いかと思います。

 

 

銀行の窓口では担当スタッフが申し込み用紙の記入方法や今後の流れを具体的に説明してくれるので初めての人にはおすすめです。申し込み完了後から1~2日ほどで審査の合否連絡が電話またはメールにて通知されます。

 

 

審査に通過した場合は郵送にてカードが自宅に届きます。カードローン契約機が設けられている銀行であれば、直接カードローン契約機からローン専用カードを受け取ることが可能です。