労金のカードローンの審査は厳しい?落ちる理由とは?

労金 カードローン 審査

 

労金とは労働金庫の略称であり、主に預金の受け入れや資金の貸し出し、手形発行などを行っている金融機関の一つで一見、銀行とあまり違いがないように思えますが、色々と異なる点が存在しています。

 

例えば銀行は銀行法に基づいて業務していますが、労金は労働金庫法に基づいて業務を実施しています。しかし、それだけでは正直違いは明確には分かりません。

 

法が違うとカードローンの審査方法も変わってくるのか、審査基準が変わるのかというのは非常に重要なポイントだと思います。

 

 

労金のカードローン審査に落ちた!なぜ?

 

正直な話、労金も銀行も審査の難易度はさほど変わりありません。金利も若干労金の方が比較的低いようですが使っていても「安いな」と感じるほどの低さではありません。労金のカードローンに落ちる原因は恐らく申し込み者が利用する為の条件をしっかり認識しきれていない点にあります。

 

労金の利用条件は各営業所によって異なりますが、共通している条件は「営業エリア内に住んでいる、もしくは働いている」という事が条件です。例えば東京都民が出張先などで労金のカードローンに申し込んだ場合は営業エリア外となる可能性が非常に高いため審査は通らないです。

 

その他、「前年の年収が税込150万円以上」などの条件を設けている労金も多いので注意が必要です。その違いさえ把握できていれば銀行カードローン審査とほぼ同等の通過率で審査に通過することが可能です。

 

 

銀行と労金、なにが違うの

 

そもそも労金というのは労働組合や生活協同組合の会員が資金を出し合い、労働組合・生活協同組合などの団体一人ひとりが豊かに生活できるように一般勤労者(会員)の融資を最優先とした組合です。

 

銀行は株主の利益が優先され、一般会員や中小企業を相手にする労金に対し主な取引先は大手企業となります。また、企業の利益を目的とするためどこでもカードローンのカードを発行する事ができ労金と比べ比較的、申し込み条件が柔軟な株式会社です。

 

簡単にいってしまうと銀行は営利法人で労金は非営利法人という事です。その為、企業発展の為に契約者を増やしてより多くの利益を求めている銀行に対し、地域の人々を豊かにする為、カードローンを発行できる人はその労金の営業エリア内に限られるという事です。

 

審査方法にかんしては銀行と変わりありません。ブラックリストの人や多重債務者は審査に通るのは厳しいと言えます。