銀行カードローンは専業主婦でも審査に通るのか?

銀行カードローン審査 専業主婦

 

アルバイトもパートもやっていない無収入の専業主婦銀行カードローンの審査に通るのかという疑問ですが、答えは「通らない事もないが難しい」です。

 

 

アルバイトやパートで収入を得ている主婦なら話は別ですが、家事や子育てに専念し家計のやりくりは配偶者である夫のみの収入で立てているという方はカードローンの審査に通るのは難しいといえるでしょう。

 

 

旦那に安定した収入があれば借りられる?

 

原則、カードローンの申込者に収入がなければ審査に通ることはできませんが、実は配偶者の収入が安定していればカードローンの申込ができる「配偶者貸付制度」というものがあります。

 

消費者金融では、夫婦共に安定した収入がなければ「配偶者貸付」が適用されない場合が多く、仮に夫に安定した収入があったとしても申込者本人に一切の収入がなければお金を借入することはできません。

 

 

しかし、銀行カードローンの場合は申込者に収入がなくても夫に安定した収入があればお金を融資してくれる銀行が少なからず存在します。

 

 

みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行のカードローン審査は配偶者に収入があれば申し込み可能という条件が設けられているので専業主婦でもカードローンのカードを発行ができます。
もちろん上限額は従来のカードローンより低く、最高で30万円となります。

 

 

旦那には黙ってお金を借りたいという人も多いかと思いますが、配偶者貸付を使用してお金を借りる場合、夫の同意書などが必要になる場合が多いので注意してください。

 

 

配偶者貸付で申し込みした場合の審査通過率は?

 

収入がない専業主婦が配偶者貸付を適用させてカードローンを自分名義で作る際の審査についてですが、配偶者の同意書、収入証明書の提出が必要になります。銀行側がその収入証明書を確認して問題ないと判断した場合、カードが発行されます。

 

 

要するに審査対象は事実上「配偶者」という事になります。もし配偶者である夫が正社員で毎月安定した収入がある場合は審査に問題なく通ります。しかし、配偶者の収入に波がある場合は難しいといえます。

 

 

以上のことより、収入のない専業主婦でも銀行カードローンの審査に通過する事はできますが、簡単に言ってしまえば配偶者がカードローンを作ってそれを妻が使うといった感じです。

 

 

最近では信用情報の関係もあり、原則申込者に収入がなければカードローンの申込ができない銀行がほとんどですので配偶者借入を適用している銀行を前もって調べておく事をおすすめします。