銀行カードローンの総量規制とは?総量規制外のデメリットは?

銀行カードローン 奨学金

 

総量規制とは、債務者が大金を借りて今後の返済能力が維持できなく事を防ぐために債務者が年収の3分の1を超える金額を借入できないように定められた規制です。

 

 

年収が300万円の方は100万円以上の融資額を希望する事はできません。また、年収が300万円で他から50万円の借金をしている方は50万円以上の融資額が希望できません。

 

 

銀行カードローンの総量規制は?

 

総量規制というのは貸金業者にのみを対象とした規制です。

 

 

貸金業者というのは消費者金融会社やクレジット会社の事を指します。銀行や貸金業者ではないので総量規制の対象から外れる事になります。
その為、年収300万円の方が200万円借りる事も不可能ではありません。

 

 

しかし、この総量規制は条件によって例外扱いされる場合があります。例えば住宅ローンやマイカーローンなどの担保がある場合は総量規制の対象から外れます。

 

 

総量規制のない銀行カードローンなら、誰でも年収3分の1を超える借金が可能ですが、希望融資額が多額過ぎると審査に通りにくいとも言われています。年収が300万円の人が500万円を借りる場合、住宅ローンでもない限り少し厳しいと思われます。

 

 

総量規制外の銀行カードローン、デメリットは?

 

年収3分の1を超える融資額が設定でき、消費者金融と比べて金利が低い銀行カードローンですが銀行カードローンを発行する場合、ほぼ間違いなく申し込み先銀行の普通預金口座が必要となります。

 

 

優先的に口座開設手続きが始まるので申し込み先銀行の普通預金口座を持っていない人はカード発行まで時間がかかる事があります。

 

 

消費者金融の場合は口座などが存在しない為、誰でも無人契約機などを使用して即日融資が可能です。

 

 

その他、総量規制が存在しない銀行カードローンは借金返済が滞り債務整理などを行う人が多いそうです。消費者金融から多額のお金を借りていても総量規制対象外の銀行カードローンであればカードの発行が可能です。

 

 

それが原因で多重債務へと陥ってしまう例が多数あります。その為、銀行側もより慎重に審査を行っていますが全てを防げる訳ではないという事です。

 

 

消費者金融やクレジットカードなどから多額の借金をしている場合は銀行カードローンを発行して借金を重ねるのは非常に危険です。お金を借りる事はやめて、返済額を減らすためにおまとめローンなどで対策を立てる事をお勧めします。

 

 

このように総量規制対象は多重債務化を防ぐ事ができるといったメリットがありますが大金を借りる事は出来ません。総量規制対象外は年収3分の1を超えるお金を融資してもらえますが、将来的に借金返済に追いやられてしまうという可能性があります。