銀行カードローンと消費者金融・サラ金の違いとは?

銀行カードローン 消費者金融 サラ金

 

お金を借りる場合、銀行カードローン消費者金融どちらかに申し込みする必要性があります。イメージ的には消費者金融よりも銀行カードローンの方が良く、できれば銀行からお金を借りたいところですが、やはり銀行と言われると少しお堅いイメージもありカードローンに申し込む為には色々な手続きがあって面倒くさそうと感じる人が多く消費者金融から借りる人が圧倒的に多いようです。

 

 

また、「サラ金」という言葉も良く聞きますがサラ金というのは、消費者金融という意味です。この言い方だと闇金などの読み方と似ており聞こえが悪いですが、実際は大手消費者金融であるアコムやプロミスなどを指す言葉です。ちなみに小規模な消費者金融の事を「街金」と呼ぶことが多く、場合によっては闇金も街金に含まれる事があります。

 

 

なぜサラ金というかというと、サラはサラリーマンのサラです。サラリーマンや主婦や学生などを相手にお金を介している業者のことを指しています。

 

 

銀行カードローン、消費者金融 審査の違いは?

 

銀行カードローンと言えば「審査が厳しい」とよく言われており、審査落ちを恐れて銀行カードローンでなく消費者金融に申し込みをする人が比較的に多いようです。

 

 

しかし、実際に銀行カードローンの審査をしているのも消費者金融と言われています。

 

 

その理由は銀行の後ろ盾である保証会社の存在が大きく関係してきます。銀行の保証会社というのは、債務者がもし返済を滞らせた際に債務者に代わって返済をしてくれる会社を指し、銀行カードローンの審査を行うのも多くは銀行の保証会社という事になります。

 

 

そして、その保証会社のほとんどが消費者金融です。その為、消費者金融と銀行も審査の難易度に大きな差があるという訳ではありません。

 

 

特徴やサービスの違いについて

 

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは総量規制の対象か対象外かというポイントです。貸金業者である消費者金融は基本的に総量規制の対象となり年収3分の1以上は借入ができません。

 

 

それに対して銀行は総量規制の対象外なので年収3分の1を超えた融資額を希望しても審査に通過する事が可能です。

 

 

また、審査時間にも差があり消費者金融は無人契約機などを使用して即日融資を可能としている企業が非常に多いですが、銀行は手元にカードが届きお金を借入できるまで1〜5日ほどかかる場合が多いです。しかし、最近は即日融資が可能なサービスを実施している銀行もどんどん増えています。

 

 

銀行カードローンと消費者金融を比べて総合的に評価しても大した差はありませんので、自分にとってどっちが使いやすい商品を見極めて選ぶのが良いでしょう。