銀行カードローンで収入証明不要なところはあるの?

銀行カードローン審査 収入証明

 

銀行の公式ホームページを見ると「収入証明不要!」という文字をよく見ますが、それは「条件を満たしていれば収入証明不要!」という事です。その条件というのは各銀行で異なりますが大体「融資額100万円まで!」です。

 

 

どれだけお金を借りても収入証明不要というのは存在しません。申し込み者がカードローン契約の際に申し込んだ希望融資額が条件を満たしていなければその場で収入証明が必要になりますし今後、条件を超える希望融資額の増額を申し出た場合は収入証明の提出が必須です。

 

 

条件を満たしていても収入証明が必要な場合がある

 

100万円まで融資します!と謳った銀行でも自営業・個人事業主の場合は収入証明書類の提出は必須となります。収入証明不要というのは最低でも在籍確認を行い間違いなく収入を得ている人のみとなります。在籍確認のできない方は収入を得ているかどうか銀行側は確認する事ができないからです。

 

 

基本的に求められる書類は納税証明書証となります。自営業でも収入証明書不要という銀行は聞いた事がありません。少なくともメガバンクでは絶対にあり得ないです。

 

 

増額の際は再審査するの?

 

基本的に増額は銀行側からメールか電話で案内がきますが、自分から増額を希望する事も出来ます。その増額希望額が条件に満たしていない場合は収入証明書が必要となりますが、条件に満たしていれば不要です。

 

 

また、増額に関する審査の有無ですが、増額の際も審査が必要となります。収入証明が必要となる場合の増額審査は増額を希望する契約者の給料は増額をしても問題なく返済できる額に達しているか、などが重要なポイントになります。収入証明が不要な場合は契約者が過去に延滞せず毎月返済を行っているかなどの情報が重要なポイントとなります。

 

 

増額の審査に落ちるという事は稀ですが、絶対に通るという訳でもないので注意してください。

 

 

収入証明が必要となる金額の相場は?

 

各銀行によって収入証明を求められる融資額は様々ですが、平均的には100〜200万円といったところです。この金額は契約している銀行から借りている金額だけでなく、他の企業から借りている金額も含めての金額ですので注意してください。

 

 

大体の人は100万円を超える融資額を希望する事は少ない方だと思いますが、100万円以上の融資または増額を検討している方は予め源泉徴収票などの収入証明書類を用意しておくと良いでしょう。

 

 

また、銀行によっては申し込みをする際に融資額関係なく収入証明書が必要となる場合があります。