銀行カードローンは他社借入があっても大丈夫?何社までならOK?

銀行カードローン 他社借入

 

現在、他社からの借金があるけど銀行のカードローンを新規で申し込んで利用することは可能なのだろうかと不安に思っている人は多いのではないでしょうか。

 

 

一般的に金利が低く総量規制もない銀行カードローンは審査に通りにくいと言われています。そんな銀行カードローン他社借入がある状態で申し込んで審査に通過する事が可能なのでしょうか。

 

 

借入額と借入している会社の数による

 

銀行や消費者金融に関するブログやサイトを見ていると「総量規制」という言葉が目に入ってくるかと思いますが、他社借入がある場合のカードローン新規申し込みは総量規制がかかわってきます。

 

 

年収の3分の1の額までしか借入できない制度を総量規制と言いますが、銀行カードローンの場合この規制は適用されていません。しかし、もし総量規制以上の借入をしている状態で銀行カードローンを新規申し込みした場合、審査のハードルは非常に高いと言えます。

 

 

また、借入している他社に貸金業者が含まれている場合はその貸金業者から借入できなくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

 

次に借入している会社の数ですが、一般的に3社以上は審査通過率が大幅に下がると言われています。例え借りている金額が少額であった場合も他社借入が3社以上ある場合は審査に不利になってきますので注意して下さい。

 

 

他社借入があっても借りられないという訳ではない

 

もちろん、他社借入があっても新規で銀行カードローンを申し込み審査に通過する可能性はあります。しかし、通過する為にはそれなりの信用情報を用意しておく必要もあるでしょう。

 

 

例えば雇用形態や勤続年数など審査では重要視されるといわれているポイントを見直してください。

 

 

仮に雇用形態アルバイト、勤続年数4年や雇用形態正社員、勤続年数1年未満などどちらかの評価が悪いとその分落ちる可能性は高くなってきます。非常に望ましいのは雇用形態正社員、勤続年数3年などが良いでしょう。

 

 

他社借入があり雇用形態がアルバイトの場合はとにかく勤続年数を伸ばしてください、1年程度ではおそらく他社借入がある状態で銀行カードローンの審査に通過するのは非常に難しいと言えるでしょう。

 

 

しかし、他社から借入している金額や他社借入数によっては審査に通過する可能性もありますので、緊急性がある場合は現在の借金額や他社借入数をしっかりと見直したうえで銀行カードローンの申し込みをする事がお勧めです。