審査が通らない理由や通らない人の特徴とは?

銀行カードローン 審査 通らない

 

銀行カードローンを申し込んだからと言って必ずしもお金が融資してもらえるとは限りません。カード発行の際に銀行側が必ず行う審査に通って初めてお金が融資してもらえるのです。

 

 

審査の基準については一般には公表されておらず、どのような審査を行っているかは具体的には公表されていません。しかし、審査において重要視されているポイントは何点か明らかになっています。

 

 

一体どういった人が銀行カードローンの審査に通らないのか、紹介していきたいと思います。

 

 

銀行カードローンに通りにくい人って?

 

どこの銀行も審査の際に重要視しているポイントは申込者に「安定した収入」があるかないかです。

 

 

例えば、専業主婦や無職といった収入が一切ない人が申し込んだ場合は審査をする前に申し込みができません。申し込み用紙には必ず勤務先の情報を記載する事が必須項目となっています。自営業・個人事業主の場合は収入証明書類の提出が必須条件です。

 

 

もちろん、収入があるからと言って必ずしも審査に通るわけでもありません。

 

 

アルバイトや水商売、収入に波のある人は基本的に審査に通りにくいといわれています。だからといって必ず落ちるという訳でもありません。申し込み者の信用情報次第では銀行カードローンの審査に通る事は十分に可能です。

 

 

審査に通らない理由

 

審査の際に銀行側が収入以外に重視するポイントは申込者の「属性」です。属性というのは簡単に言うと勤務先の勤続年数や雇用形態、そのほかにも居住形態や年齢など様々な個人情報を属性と言います。

 

 

例えば「勤続年数1年未満、賃貸暮らし、派遣社員」のAさんと「勤続年数3年、持ち家あり、正社員」のBさんで審査の通りやすさを比べた場合、圧倒的にAさんの方が通りやすいです。

 

 

勤務先の勤続年数は重要視されるといわれており、長ければ長いほど評価は高いです。また居住形態も住み込みや賃貸といった人よりも持ち家があった方が評価は高いです。

 

 

以上の事より、審査に通らない人はこの属性に問題があるか、過去に消費者金融などで大幅な返済の遅延または債務整理を行った可能性があるといえます。

 

 

しかし、今回の例でBさんのような人が必ずしも落ちるとは言い切れません。安定した収入があるので申し込みも可能ですし、審査に通る可能性も低いとはいえ絶対に落ちるとも言い切れません。

 

 

必ず審査に落ちる理由は過去に債務整理を行ってブラックリストに記載されている人などです。過去にそういった理由がない場合は属性が良くなくても審査に通る可能性はあるという事です。