銀行カードローンを郵送なしで利用する!郵送物の内容とは?

銀行カードローン 郵送物

 

銀行カードローンを申し込んだことを家族に知られたくない!という人が最も注意するのは銀行からの郵送物ではないでしょうか。

 

 

実際に銀行カードローンを申し込んだだけであれば家族に銀行カードローンを申し込んだという情報を知られることはありませんが、郵送物などで申し込んだことがバレるという実例はあります。そこで今回は銀行カードローンを郵送なしで利用する方法、そして実際郵送物の内容とはなにかを説明していきます。

 

 

郵送なしでカードローン申し込み

 

基本的に郵送物が発生する原因はネットでカードローンの申し込みをして契約書や申し込んだカードなどを郵送で受け取る場合、利用明細など郵送で受け取っている場合などです。

 

 

まず利用明細は基本的にWeb上で閲覧できるようになっている銀行が多く、Webサービスを利用しているのであれば利用明細が郵送で届くという事はまずありませんが、万が一を考えてカードローン申し込みの際に問い合わせてみる事をお勧めします。

 

 

またカードに関してですが、こちらは三菱東京UFJ銀行などに設置されたテレビ窓口などでカードを発行したり、申し込んだカードを店頭窓口で受け取るようにすれば郵送で届く事はありません。

 

 

郵送物の中身さえ見られなければバレない?

 

まず銀行カードローンの郵送物は大手消費者金融の郵送物と違い、封筒に銀行名が記載されている事が多い。(大手消費者金融の場合は会社名を伏せている場合が多い)

 

 

銀行名の入った封筒が家に届くという事はその銀行の商品を扱っていると勘づかれる場合が多いですが、銀行名が入った封筒を見ただけでカードローンを申し込んだと察する勘の鋭い人は、そう多くは無いと思います。もし問い詰められても「口座を開設した」や「資料を請求した」などで十分誤魔化す事が可能かと思います。

 

 

絶対に郵送でくる書類

 

今まで利用明細や契約書などの郵送物を紹介しましたが、これらの郵送物は家に届くのを防ぐ事が可能です。しかし、必ず郵送でくる書類もあります。それが「催促状」や「督促状」です。これらの書類は必ず郵送で届き、無視をし続けていると電話でも催促がきます。

 

 

申し込みの際に家の電話番号を記載している場合は家族にカードローンを申し込んでいる事どころか滞納しているという最も知られたくない情報が知られてしまう可能性が高くなります。

 

 

催促状や督促状の郵送を防ぐ方法は返済の遅延をしないという事だけですので注意が必要です。