審査で勤務先に在籍確認の電話はある?どんな内容なの?

銀行カードローン 審査 在籍確認

 

消費者金融や銀行カードローンの審査の際に必須項目となってくるのが勤務先への「在籍確認」となります。この在籍確認は申込者が申込書に記載した勤務先に嘘偽りはないかを確認するために行うものなので基本的に在籍確認は必須となってきます。

 

 

在籍確認の内容は?会社にばれる?

 

消費者金融の在籍確認は基本的に個人名で行われますが、銀行の場合は銀行名で在籍確認を行います。銀行名で在籍確認の電話をされると会社にばれそうで不安という方は個人名で在籍確認をするように銀行側へ要望することもできます。

 

 

どこの銀行も基本的にそういった要望には応じてくれますが、そういった要望がない限りは銀行名で在籍確認を行います。

 

 

在籍確認の内容は「私、○○銀行のものですがAさんは居ますか?」といった内容です。会社側は基本そういった電話に「○○は本日お休みをとっております」などの回答をするのでそれで在籍確認は完了です。

 

 

銀行側はとりあえず申込者が申告した勤務先に現在勤めているという事が分かれば良いので「席をはずしております」や「お休みをとっています」という回答があれば問題なしです。

 

 

カードローンを発行するといった事情は一切話さないので会社側にばれるという事はありませんが、勘の良い人が在籍確認の電話に応答した場合は「在籍確認かな?」と勘づくでしょう。しかし、それが原因で申込者になにか影響があることは間違いなくありません。

 

 

電話連絡以外に在籍確認を行う方法は?

 

基本銀行カードローンの在籍確認は電話連絡で行われますが、申込者の要望によっては過去1ヶ月以内の給与明細や会社名が記載された保健所などで在籍確認を行ってくれる銀行もあります。

 

 

会社によってはセキュリティの問題で個人情報を一切外部に出さない会社もあれば、キャバクラなど本名を基本的に外部には漏らさない会社の場合は在籍確認ができません。そういった事情を銀行側に話せば在籍確認を電話以外で行ってくれる可能性はあります。

 

 

しかし、必ずしも書類などで在籍確認を行ってくれるとは限りませんので注意してください。

 

 

その他、自営業や個人事業主の方など在籍確認ができない場合は確定申告書の写しや納税証明証などで収入の確認を行う為、カードローン申し込みの際は必ず収入を証明できる書類を用意しておく必要があります。

 

 

以上のことから、在籍確認は電話連絡で行われるのが基本的な流れとなりますが、事情や要望によってはそれに応えてくれる銀行もあるので、在籍確認の際に担当スタッフに話してみるのも良いかと思います。