在籍確認無しで利用できる銀行カードローンはあるの?

銀行カードローン 在籍確認なし

 

銀行カードローンのカード発行の際、大抵の人は「在籍確認」を良くは思っていないそうです。確かに、銀行から勤務先に電話される事に何とも思わない人はほとんどいないでしょう。

 

 

銀行カードローン審査の際に行う在籍確認は必須事項であり、在籍確認なしで銀行カードローンを申し込める銀行は存在しません。これは銀行だけでなく消費者金融でも同じで、申し込み者の申告した勤務先に虚偽がないかを必ず確認されます。

 

 

在籍確認は絶対に電話?

 

消費者金融の場合、電話確認以外にも直近1ヶ月以内の給与明細や会社名の入った保険証、その他にも申告した企業に勤めている事が証明できれば審査の申し込みが可能な場合が多いのですが、銀行カードローンの場合は原則電話での確認となります。

 

 

場合によっては電話確認以外の在籍確認を要望すれば聞き入れてくれる銀行もありますが、ほとんどの場合は電話以外の在籍確認は認められていません。

 

 

また、消費者金融の電話確認と銀行の確認は少し違いがあり、消費者金融の場合は個人名で在籍確認を行うのに対し、銀行カードローンは銀行名で在籍確認を行います。その為、在籍確認などの電話に何度も対応している人の場合は「カードローンでも申し込んだのかな」と勘づく人も少なくないでしょう。

 

 

在籍確認をされる事によって発生するデメリットは?

 

電話での在籍確認を行う場合、ほとんどの人が「会社にバレてしまう」と不安に思う方が多いかと思いますが現在、ほとんどの人がカードローンを契約している社会です。

 

 

カードローンを申し込んだという事は全く恥ずかしい事でもありませんし、仮に会社にバレたとしても誰も何とも思いません。申込者の社会的地位に悪影響を及ぼす事も間違いなくないでしょう。

 

 

社員数が多い会社であれば在籍確認を受け付けた人は数時間後で在籍確認の際に確認された申込者の名前など忘れてしまうと思います。

 

 

以上の事から、在籍確認によって発生するデメリットは一切ありません。逆に在籍確認を拒めばかえって怪しまれ、仮に在籍確認の方法を電話ではなく書類などにできても審査に不利になってしまう可能性がないとは言い切れません。

 

 

そういった可能性があるのであれば、特にデメリットの存在しない電話確認の方が信用情報に影響を及ぼす事なくカードローン審査に挑めるので、電話確認での在籍確認をお勧めします。

 

 

また、どうしても電話での在籍確認が嫌な場合は書類などで審査可能な消費者金融を選ぶのも良いでしょう。