審査期間を教えて!かかる時間や日数はどれくらい?

銀行カードローン審査期間

 

銀行カードローンのメリットは申し込みから審査結果が届くまでの期間が非常に短い事です。各銀行で審査時間に差はありますが、早い場合で即日に審査結果が分かる銀行カードローンが増えています。

 

 

最近ではインターネット上で申し込みから入金まで全て即日でできる事を可能とした「Web完結申込」を設ける銀行も増えています。

 

 

そもそも銀行カードローンの審査が早いのはなぜ?

 

銀行カードローンに限らず、大手消費者金融やクレジットカードは「スコアリング」によって審査を進めています。スコアリングというのは、申し込み者の社会的信用度を数値化し、銀行側がその数値を元に「この人に貸しても問題ない・この人に返済能力はない」というのを判断します。

 

 

社会的信用度はよく「属性」という言葉で表現されます。例えば年収や勤続年数、雇用形態など審査の際に数値化されるポイントは多数あります。

 

 

このスコアリングはコンピュータによって算出されるので、それほど時間がかかりません。何点が満点なのか、勤続年数が何年なら高得点なのかといった具体的な事は公表されていない為わかりませんが、何点以上なら問題なしという基準は必ず設けられているはずです。

 

 

その基準を大きく上回れば文句なしで審査に通るため、審査時間はおおよそ30分〜1時間程度といったところでしょう。

 

 

審査に時間がかかった、なぜ?

 

銀行カードローンの審査時間は申し込む人によって様々です。例えば同じ銀行でAさんがカードローン発行の際にかかった時間は1日なのに、Bさんは3日もかかったということは多々あります。

 

 

正確な原因はわかりませんが、おそらく「属性」の問題でカードローン発行までの日数に差が発生していると思われます。

 

 

申込者の属性によって算出されたポイントが極端に高い場合や低い場合は審査の合否結果が手元に届くのは遅くないかと思います。ですが、申込者のスコアが審査基準にギリギリ満たしている場合やギリギリ満たしていない場合は銀行側も審査が慎重になるのではないかと言われています。

 

 

その為か正社員に比べてアルバイトの方にかかる審査時間が少し長いという声も少なからずあります。

 

 

その他、申し込みした日が土日祝日であったり郵送にて本人確認書類を提出している場合は審査に時間がかかるというより審査までに時間がかかってしまうので、なるべく早くお金を借りたい方は土日祝日や郵送での書類提出ではなく、インターネット上にて申し込むことをお勧めいたします。